薄毛の悩みは色々な対策で阻止できる|自分でできるケア法

笑顔の男の人

脱毛の種類と予防法

鏡を見る女性

脱毛の特徴

女性は髪の毛の分け目から抜け毛が増えてきて薄毛になります。女性の脱毛には、びまん性脱毛症、分娩後脱毛症、牽引性脱毛症などの種類があります。びまん性脱毛症は、女性の一般的な薄毛です。ストレス、ダイエット、加齢などでホルモンバランスが崩れることで起こりやすくなります。分娩後脱毛症は出産後に一時的に起こる脱毛症です。妊娠中は女性ホルモンが大量に分泌されているので抜け毛が減ります。しかし、出産後にいつも通りの女性ホルモンの量に戻ると、それまで抜けなかった髪が一気に抜け落ちます。牽引性脱毛症はロングヘアでまとめ髪をしている人に起こりやすい脱毛症です。髪が同じ方向に引っ張られることで抜け毛が増え、生え際から薄くなっていきます。

気を付けたい3つのこと

男性と比べると女性の脱毛は回復しやすいと言われています。原因さえわかっていれば対策がしやすく、それほどひどくない薄毛であれば半年もすればもとに戻ることもあります。気を付けたほうがいいのが「ヘアケア」「食生活」「冷え」の3点です。毎日何気なくしているヘアケアやヘアアレンジが、頭皮に負担になっていることもあります。食事はジャンクフードやインスタントなどの添加物は避けて、自炊することが脱毛予防になります。食事制限によるダイエットは薄毛に繋がるので要注意です。冷え性の女性ほど髪が細くて量が少なく、薄毛になりやすい傾向があります。冷え性になると毛根に栄養が届かなくなるので、脱毛予防をするうえで冷え性対策は必須です。